スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二十年ほいっぷの完璧な泡の作り方





『二十年ほいっぷ』で、上手に泡を作るコツです。

洗顔をする前には、しっかりと手を洗って清潔にしましょう。

『二十年ほいっぷ』を泡立てる前に、32℃のぬるま湯で顔をすすぎ洗い
をして、ぬらしておきます。

洗面器などにぬるま湯をはって、泡立てネットを湿らせておきます。

『二十年ほいっぷ』を2グラム(アーモンドより少し大きいくらい)出
してネットにつけます。

次に両手でネットの上下を持って円を描くように「二十年ほいっぷ」を
ネットになじませていきます。

ネットに泡があふれてきたらネットに戻してさらにもみこみます。

ネットをしぼるように泡をとれば、泡つくりが完了です。

泡を手のひらにのせてひっくり返しても落ちなければ、完璧な泡ができ
証拠です。

北海道からの直送洗顔石けん『二十年ほいっぷ』を紹介します



スポンサーサイト

二十年ほいっぷの潤いのヒミツ





『二十年ほいっぷ』なら、汚れを落とすと同時に肌に潤いを与えること
ができます。

その『二十年ほいっぷ』の潤いのヒミツは<北海道のホエイ>成分でし
ょう。

<北海道のホエイ>の効果は、肌に潤いを与えるだけではありません。

肌の汚れを落とすのに欠かすことができない、石けんの泡の弾力を強く
する役割も<北海道のホエイ>の成分が役に立っています。

<ホエイ>というと、チーズを作る工程で生まれる潤いの成分であるこ
とは知られていますね。

<ホエイ>には、優れた栄養素で美容成分がふんだんに含まれています。

肌の角質層に水分をしっかりと送り込むことができ、肌の潤いを保持す
るのに優れている成分です。

北海道からの直送洗顔石けん『二十年ほいっぷ』は、ココ


二十年ほいっぷでくすみがとれるのは?2





『二十年ほいっぷ』の超極小弾力泡で洗顔すると、くすみがとれる理由
の説明を続けます。

(3)気泡が小さいと肌のキメまで入り込んでくれるから

一般的な大きな気泡は、肌のキメの奥の汚れには届くことはありません。

『二十年ほいっぷ』の小さな気泡なら、肌のキメまで入り込んで奥の汚
れも全部吸着して離すことはありません。

『二十年ほいっぷ』の超極小弾力泡に、500円玉を置いても沈むことが
ありません。

それほど、弾力があります。

『二十年ほいっぷ』で洗顔すると、汚れが残らずツルツル肌になります。

顔に光をあてると、光を均等に反射することができるようになり、まる
で(女優ライト)を当てているかのようです。

汚れが残ってしまった肌に光を当てても、乱反射してしまって、暗く濁
った印象になってしまいます。

北海道からの直送洗顔石けん『二十年ほいっぷ』の情報はココ



二十年ほいっぷでくすみがとれるのは?






どうして『二十年ほいっぷ』の超極小弾力泡で洗顔すると、くすみがご
っそりととれるのでしょうか?

その理由を説明します。

(1)『二十年ほいっぷ』の気泡が小さいのでつぶれない

大きい気泡は弱くて、汚れを取っている途中で割れてしまいます。

そのために汚れが肌の上に置き去りの状態になってしまいます。

『二十年ほいっぷ』の気泡は、とても小さいので強くて割れにくくなっ
ています。

(2)気泡が小さいと吸着面が大きいため

一般的な気泡が大きい泡と『二十年ほいっぷ』の超極小弾力泡を比べる
と、気泡が小さな『二十年ほいっぷ』の超極小弾力泡のほうが表面積が
大きくなります。

吸着面が大きくなる分、取り除く汚れの量が違ってきます。

北海道からの直送洗顔石けん『二十年ほいっぷ』は、↑から



二十年ほいっぷの極小弾力泡は





『二十年ほいっぷ』の泡は、気泡が見えないほどの細かさなのです。

そんなに細かな気泡であっても、強い弾力です。

の泡は、クリーミーで、ブルンブルンの弾力泡で
す。
『二十年ほいっぷ』
気泡が大きすぎるフワフワ泡やモコモコ泡では、気泡が大きすぎて微粒
子レベルの汚れを絡めとることができません。

『二十年ほいっぷ』の超極小弾力泡なら、汚れをくまなくまとめて絡め
とることができます。

また超極小弾力泡の洗浄力は、肌を一瞬で明るくしてしまうほどなので
す。

『二十年ほいっぷ』が、くすみ専用の石けんと言われる理由は、この超
極小弾力泡にヒミツがあります。

強い弾力を持っている『二十年ほいっぷ』の極小弾力泡を体験してみま
せんか?

北海道からの直送洗顔石けん『二十年ほいっぷ』をおすすめします



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。