スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二十年ほいっぷの誕生の裏には





『二十年ほいっぷ』の誕生した裏には、北海道で二十年以上も石けんを
研究している、石けん職人さんとの出会いがありました。

皮脂膜のくすみと角質層のくすみを両方なくすことは矛盾しています。

原理的には不可能なことなのです。

完璧に汚れを落としきることを目指すと、肌に必要な潤いまでも落とす
ことになってしまいます。

反対に肌に必要な潤いを残すと、汚れを完璧に落とすことができません。

販売されている多くの洗顔も、汚れもそこそこ落ちて、潤いもそこそこ
残るものです。

そのため、くすみが残ってしまいます。

北海道で出会った石けん職人さんが開発した(直火釜練り製法)は、皮脂
膜のくすみと角質層のくすみを生まない石けんを掛けあわせた技術でした。

北海道からの直送洗顔石けん『二十年ほいっぷ』の紹介です


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。